ピナクルのサッカーの賭け方!ハンディキャップ&コーナーキックとは?

ピナクルはサッカーのスポーツベッティングの種類が多いサイトです。

サッカー画像

海外の試合からJリーグなど沢山あるのでお好みの試合にベット出来ると思います。

またピナクルでは様々な賭け方があるので迷いますよね。

それでは、ピナクルでサッカーに賭ける方法を順を追って見てみましょう。

\\高オッズのピナクルに登録する//

ピナクルでサッカーに賭ける方法

サッカーに賭ける方法は何通りもありますが、ここでは主な賭け方をご紹介していきます。

ピナクルのサイトを開くと左側にスポーツを選択する場所があります。その中の「スポーツの」の場所をクリックします。

クリックすると、ベットできるスポーツの一覧が出てきます。

ピナクルのスポーツの項目

例えばサッカー、フットボール、ベースボール、テニス…..など。自分が賭けたいスポーツをクリックすると、賭けることができる項目と数がでてきます。

この画像で見ると、

  • サッカー(155)・・現在サッカーでベットできるのは155試合がある。
  • フットボール(20)・・フットボールでベットできるのは20試合ある。

ということです。

ではサッカーの項目を選択します。

サッカー賭け方

サッカーの下にあるライブ、今日、アーリーマーケット、マネーライン、チーム合計、パーレー、第1ハーフの意味からみてみます。

  • ライブ⇒試合中に賭ける。
  • 今日⇒本日の試合に賭ける。
  • アーリーマーケット⇒明日以降の試合に賭ける。
  • マネーライン⇒勝つ・負ける・引き分けを予想して賭ける。
  • チーム合計⇒チームの得点の合計を予想して賭ける。
  • パーレー⇒2つ以上の複数の試合に賭ける。
  • 第1ハーフ⇒前半の試合に賭ける。

 

と、サッカーで賭けられる項目がでてきます。

このように、賭けるスポーツを選択したあとに、そのままスクロールして賭ける項目を探してもよいですし、賭けるリーグが決まっているなら右側の「リーグの選択」で出てきた中から選んでも分かりやすいです。

ピナクルサッカー賭け方

リーグの選択をクリックすると、そのときに賭けられリーグが出てくるので、見たいリーグをチェックします。

するとチェックした試合のみが見えます。このときに賭けられる試合が沢山あって見づらいときに「リーグの選択」をすると見やすい画面になります。

ピナクルサッカー選択

リーグ選択後の画面から賭けたい試合が見つかり、そのまま賭けるときは、オッズをクリックします。

サッカー賭け選択

賭ける項目の詳細をみたいときは、右端の「+○」をクリックします。画像では「+4」になっています。

サッカー賭け選択

「+4」をクリックするとマネーラインのベット項目が出てきます。

エクアドル日本

その他、ベットしたい試合を選択することも出来ます。試合全体を見たい場合は、「試合」のままにしておきます。

試合を選択

他にも画面設定がありますので、色々クリックしてみて使いやすいやり方を試してみてください。

それでは、実際に賭けていきます。

まずは、一番分かりやすい「1X2」でベットします。

勝つか・負けるか・引き分けのマネーライン

マネーラインは、シンプルに勝つ・負けるを予想する賭け方です

サッカーの画像

マネーラインの中の「1X2」( ワンエックスツー)は勝つ・ドロー(引き分け)・負けるを予想します。

「1X2」の賭け方は、

  • 1・・ホームが勝利
  • X・・引き分け(ドロー)
  • 2・・アウェイが勝利

になります。

エクアドル日本マネーライン

今回はコパ・アメリカの日本VSエクアドルの日本にベットしてみます。

文字の並びの通りに、エクアドルがホームで日本がアウェイになりますので、2の「3.220」をクリックすると左端の「ベット票」に入ります。

赤で囲んでいるリスク=EUR」の欄にベットする金額を入れます。※通貨の単位は登録のときに設定した単位になります。

下のチェックは「より良いラインを常に受け付ける」を選択。

「最大額を賭ける」は一気に最大の金額を賭けることになります。※最大金額分の資金がある場合のみベットできます。

今回は、€1を賭けてみました。

ピナクルサッカー賭け方

緑色の「賭けを行う」をクリックします。

ピナクルサッカー賭け方

クリックすると、「この賭けを本当に送信しても良いですか?」とメッセージがあり、良ければOKをクリックします。

ピナクルサッカー賭け方

ベットが受け付けられました。」とメッセージが来たら受付完了です。

試合結果をみる

ベットした試合が終了したので結果を見てみます。

ピナクルのサイト上部の「ベットリスト全体」をクリックすると、ベットリストが並びます。

継続中・7日間・4週間・日単位・週単位・月ごと」のどれかを選択します。

 

ベッドリスト全体

今回は「月ごと」をクリックして試合の結果を見ました。

コパ・アメリカのエクアドルvs日本の試合は、ドロー(引き分け)でしたので、負けになります。

引き分けにベットしていたら….w

と、このようにベットします。

ハンディキャップにベットする

ハンディキャップとは、ブックメーカーが各チームの力量をはかり、能力差を数字に表わしている賭け方です

一般的なハンディキャップと同じで、その試合の優勢チームはマイナス点数を、劣勢チームはプラス点数がつきます。

 

ハンディキャップ

自分がベットしたハンディキャップのみ適用されます。

ハンディキャップの見方は、試合が終わったあとにベットしたチームのスコア(点数)に、ハンディキャップの数字をプラス(マイナス)し勝敗を決めます。

ハンディキャップの例

リバプール(1)vsチェルシー(-1)の試合で、チェルシー(-1)に賭けた場合。
リバプール1点 チェルシー2点の結果だった。

この場合は、チェルシー(-1)+得点の2点=1点になり、同点となります。

ライブなどで試合中にベットしたなら、その時点のスコア(点数)から始まるので、ベット時点の点数にハンディキャップ分をプラス(マイナス)します。

ハンディキャップの数字には、整数と小数点があります。0.5、1、1.5,2,2.5…など

 

 

整数は分かりやすいのですが、小数点って何?と疑問がでてきますよね。

実は、ピナクルのハンディキャップはアジアンハンディキャップの仕様になっていて、ドロー(引き分け)の選択がありません。

※ちなみにアジアンハンディキャップは、昔からインドネシアで使われていたのでアジアンハンディキャップと呼ばれます。

整数のハンディキャップだと、同点になってドロー(引き分け)になる場合もでてきます。ドロー(引き分け)の場合は掛け金は返金されます。

一方、小数点を選ぶとドロー(引き分け)にならず、勝ち負けのみのベッティングができます。

また、ハンディキャップがプラスでもマイナスでもなく、”0”のときは試合結果がドロー(引き分け)だった場合もドローノーべットになります。

ハンディキャップが2つの場合

ハンディキャップの画面をみると、「1や2」など数字がひとつの場合と、「1-1.5や0-0.5」などふたつの場合があります。

ハンディキャップ

どういったことかと言うと、

このオッズのハンディキャップに与えられた賭金をそれぞれ半分に分けて、ベットするという考えになります。

例えば、「1-1.5」の試合にベットしたとして。

  • 両方の予想が当たれば全部貰える。
  • 片方の予想が当たり、片方が外れたら半分貰える。
  • 片方が当たり、片方がドローなら半分貰え、半分は返金される。
  • 片方が負け、片方がドローなら半分は没収と半分は返金される。
  • 両方の予想が外れる。

と言う結果のどれかになります。

コーナーキックでベットする

勝ち負け以外にも、コーナーキックを予想して賭けることができます。

サッカーコーナーキック

その試合のチームのコーナーキック数をブックメーカーが計算してオッズを決めます。決められたコーナーキック数より、オーバー(上回る)またはアンダー(下回る)かを予想します。

ピナクルのコーナーキックは、サッカーのほとんどの試合でトータル・ハンディキャップ・マネーラインで賭けることが出来ます。

コーナーキックをベットするはチーム名に(コーナー)と書いてある所に賭けていきます。

コーナーキックに賭ける

この画像の試合はライブから選んでいます。

この画像を説明していくと、コーナーキック数が9本よりオーバー(上回る)だと2.350のオッズで、アンダー(下回る)と1.609のオッズになります。

試合前に賭けると予想がしにくいのでオッズは高め、ゲーム終了に近づいてくるとオッズは変化が激しくなり最低ベット金額が上がったりすることもあります。

海外の試合だとリアルに見られないことも多いですが、ピナクルにはJリーグもあり、試合の様子を見ながらライブで賭けていくのも楽しいです。

一般的な勝ち負けを予想して賭ける方法に慣れたら、コーナーキックを予想してみるのも面白いかもしれません。

\\ブックメーカー投資もOK!//

ピナクルに登録する方法はこちらでまとめています。

 

ピナクルの信頼性や安全性をチェックするならこちらの記事。